冨山陽平プロフィール

冨山陽平プロフィール

1979年東京都生まれ。

東京理科大学理工学部情報科学科、東京工業大学大学院社会理工学研究科価値システム専攻修士課程修了後、東日本旅客鉄道株式会社に入社。主に運輸車両系の業務に携わる。組織変革の実践経験を活かし、株式会社スコラ・コンサルトに入社。製薬、精密機器、自動車メーカー等で、社員の考える力・チームワーク力を引き出し、働きがいを業績向上につなげていく支援と組織風土の定量化項目の作成・実施・分析をおこなう。

2009年、組織・個人の「らしさ」を活かすことを理念とした、株式会社これあらたを設立。自営業・中小企業・上場企業、士業・教育機関など、規模・業種を問わず、経営変革、組織風土改革、社員意識調査、IT活用、ウェブサイトの制作など幅広い支援をしている。また、宅配弁当店の株式会社久留真家(くるまや)の代表取締役でもある。

趣味は、子育て、源泉かけ流しの温泉旅行、国内外の競馬観戦。

経歴

2009年2月 株式会社これあらた 設立
2007年2月
株式会社スコラ・コンサルト 入社
  • 組織風土改革コンサルタント
  • 組織風土アセスメント(従業員満足度調査の類)設計・分析
  • 社内情報システム設計担当者
2003年4月
東日本旅客鉄道株式会社 入社
  • 車両メンテナンス(浦和電車区)
  • 車掌(宇都宮車掌区)
  • 輸送指令(東京総合指令室)
2003年3月 東京工業大学大学院 社会理工学研究科 価値システム専攻 修士課程修了
2001年3月 東京理科大学 理工学部 情報科学科 卒業
1997年3月 立教高等学校(現 立教新座高等学校) 卒業

 

メッセージ

 長い付き合いのある方々の多くにいわれることがあります。それは、「キミはとにかく第一印象が悪かった。」クライアントさん、学生時代の同級生、社会人になってからの同僚、趣味の友人。長い付き合いの人には、思い返すようにいわれます。一方、それでも付き合いを続けてくれる理由としても、共通して言われるものがあります。それは、「オモテウラがない。」自分にとって、オモテウラがないと言われることは最大の褒め言葉で、このように言っていただけるのは大変嬉しいことです。一方で、第一印象が悪い理由としてよく言われる、「態度がでかい」「直接否定的なことを言う」ということは改善しなければと思っています。社会人数年目のころまでよりはだいぶまともになったとは思いますが。。。

 いずれにしましても、これらすべてが私の「らしさ」です。「らしさ」というのはそう簡単に消せるものではありませんし、人間は「らしさ」を発揮しているときほど、前向きで能力を最大限に発揮できるものです。実際、様々な企業にお伺いして思うことは、たとえ業績が悪かろうとも、社員に活気があり、色々なアイデアを出し合ったり、各人の仕事のしかたが認められ、尊重されている会社は、追々業績が伸びている確率が高いということです。いくら業績がよくても、社員の活気がなかったり、自分の考えや個性を打ち消してたりしていることが明らかにわかったりする会社は、徐々に衰退していくということです。

 所詮は企業は「人」。どんなにIT化が進もうと人が重要です。私は、社員の意識調査・分析とIT活用をメインツールとして企業の支援をしている中で、「らしさ」という観点を重視しています。従業員が「らしさ」を発揮し、給与の価値を最大化させることで、実質的なコスト削減と組織の問題解決力の向上に寄与できるよう努力してまいります。