調査実施例

調査回答率を高めるために

 ウェブで回答してもらうにせよ、紙面で回答してもらうにせよ、回答率と回答内容の本音度を高める方法は、匿名性を担保することです。そのためには下記のような手段がありますが、それぞれメリット・デメリットがあります。

  メリット デメリット
ウェブ調査(ID・パスワードが個別) 一人一票なので、回答率が正確 回答者が匿名性に疑念をもって本音を書かない可能性がある
ウェブ調査(ID・パスワードが共通) 本音が書きやすい。 一人一票ではないので、重複回答の可能性がある。
紙面調査(匿名) 本音を書きやすい。 回答しない人が増える可能性がある。

ウェブで調査をする

 当社が提携しているクラウド型のアンケートシステムを利用いたします。プライバシーマークを取得し、情報漏えい対策保険にも加入しているので安心です(当社は情報漏えい対策保険に加入しておりますが、プライバシーマークは取得しておりません)。

 なお、ウェブ調査の場合は、一般的なパソコン経由でのアクセスのみならず、スマートフォンや旧来の携帯電話からのアクセスにも対応しております。また、企業内からのアクセスに制限したい場合は、IPアドレスによる制限をかけることも可能です。

紙面(質問表)で調査をする

 質問表を当社にて準備させていただき、担当部署にまとめて郵送し配布頂きます。回答者からの返信は原則として、当社または私書箱宛にに直接郵送していただく方式をとります。