女性活躍支援(リカレント教育)への取り組みについて

2018/06/22 (金)

 弊社・共同代表の冨山佳代は、2018年4月より日本女子大学リカレント教育課程にて、実務家教員として「キャリアマネジメント1B(全14回)」を担当しています。

 日本女子大学リカレント教育課程は、再就職を目指す専業主婦やキャリアチェンジを目指す女性たちが、再就職に向け、1年間かけて実践的な知識やスキルの学びなおしをする課程です。

 「キャリアマネジメント1B」では、個人ワークやグループディスカッションを通じて、”仕事を通じて実現していきたいこと” ”これからの人生・キャリアの未来図” ”ありたい人生・キャリアを実現するための資源と課題” を探索していきます。

 多様なライフ・キャリアを歩んできた、謙虚で、学ぶ意欲、社会貢献への意欲の高い女性たちが集まっているため、一人ひとりが自分の内面と向き合うだけでなく、仲間の悩みや考え・思いからの学びも大きいのが特徴であり、その特徴をいかした授業展開を心がけています。

 過去の人生やキャリアに対する後悔や反省の念が、”未来の実現したい目標”に書き変わるとき、前進に向けたエネルギーが湧いてきます。一人でも多くの受講生にそれを実感してもらえるように、そして、自信をもって家庭・地域・企業等組織・社会で活躍できるよう、個人のライフ・キャリアの視点だけでなく、個々人が果たしうる組織・社会貢献の視点をもって、支援をしてまいります。