研修プログラム一覧

貴社内での階層別研修やスキルアップ研修として、1プログラムから実施可能です。また、人材育成の課題をお伺いすることで、複数プログラムの組み合わせや、効果的な実施時期、実施順、参加対象者のご提案をさせていただきますので、ご相談ください。

なお、貴社社員様に1日プログラムを体験していただける「公開講座」をご用意しておりますので、合わせてご活用ください。

公開講座

研修プログラム一覧

  テーマ プログラム名

新入社員

ビジネスマナー
仕事の基本
  • マナー・仕事の基本(1)(基礎編)
  • マナー・仕事の基本(2)(電話・来客・訪問実践編)
  • マナー・仕事の基本(3)(CS・主体性・チームワーク編)

若手社員

中堅社員

主体性発揮
  • 主体性(リーダーシップ・フォロワーシップ)
顧客対応力向上
  • 相手に「伝わる」話し方
  • 相手を「大切にする」聴き方・伝え方
  • お客様に商品・サービスを届ける「プレゼンテーション力」
組織影響力向上
  • 職場で部下・後輩の力を「引き出す」 OJTトレーナー
  • 議論と結論の質を高めるファシリテーションスキル
  • 相手の「ニーズを中心とする」講師スキル

節目
転機

キャリア開発
  • ビジョン探索とキャリア計画
女性活躍
  • 女性活躍~私らしいリーダーシップ
  • 産休・育休からの仕事復帰準備
  • プログラムごとの詳細(目的、目標、タイムスケジュール、概要)はプログラム名をクリックしてご覧ください。【準備中。今しばらくお待ちくださいませ。】
  • 実施時間(2~3時間コース、1日コース)、実施内容のアレンジが可能です。
  • 全プログラム(1日コース:目的、目標、タイムスケジュール、概要)を掲載した冊子版の「人材育成プログラムのご紹介」をご希望の方は、こちらからご請求ください。→【資料のご各種請求

研修構成・内容の特徴

  • 従業員自身が、会社・上司が示す方針を理解したうえで、会社で実現したいことに気づき、動き出すことを研修のゴールとする。
  • 自律的キャリア意識の向上、リーダーシップ・フォロワーシップの向上、人的ネットワークの深化を図る。

講師として大切にしていること

  • 受講者(教えてもらう人)ではなく、参加者(自分ごととしてとらえ考える人)として、豊富なグループワークで意見交換、経験交流を促す。
  • 参加者のお人柄(考え・気持ちなど)を「その人らしさ」として受けとめ、肯定的にフィードバックする。
  • 事前・事後のフォローアップを通じて、従業員自身の「やろう!」「変わろう!」という気持ちを引き出す。

研修後の受講者の変化

  • 自分自身のもつ知識・スキル・経験を整理できたことで、自信を持って業務に取り組んでいる。
  • 漠然とした不安を明確にして対処することで、前向きに仕事に取り組んでいる。
  • 人的ネットワークを有効に活用することで、新たな挑戦をしている。