ICT活用力調査

会社全体でICTをもっと上手に活用するため、従業員の声を活かしていきたい。

 ICTをもっと利活用していけば、生産性が上がるのではないかと思っているが、いまの自社の状況でどういったシステムが効果的かいまいちピンときていない。様々なITベンダーから提案は受けるが、そのシステムを本当に必要としているのか、社員が使いこなせるのか不安を感じている。このようなときは、思い切って従業員にアンケートすることで、日常的な業務の中で何に困っているか、どういう仕組みがあると便利と感じているかを把握することが効果的です。

 もちろん、その声をそのまま活かすのではなく、経営的な視点から最適なバランスを考え取捨選択し、整理していくことが大切です。

 当社の活用力調査(ICT Utilization Survey: ICTUS)では、次の3つの点から選択式・自由記述式の質問を30問程度用いて従業員にアンケートを実施し、業務にフィットしたシステム活用に役立てていきます。

  • 自身の業務の中で、どのような情報システムがあると便利になるか?
  • 自身の業務の中で、どのような情報システムが阻害要因になっているか?
  • 自社にとってどんなシステムがあると便利だと感じているか?

現行の情報システムと回答結果をもとに、ご要望に応じてコスト面も踏まえながら、業務効率向上に繋がるシステム全体の改善案を報告いたします。

費用目安

調査費用は、人数によりますのでお問い合わせください。